三河自家製滴楽部

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

地産地消を「季節誌しずく」で実践!

「季節誌 しずく」が地産地消に興味のある方を対象に身近に地産地消を体験、実践していただくことを目的にお気軽コミュニティ「三河自家製滴楽部~みかわじかせいしずくらぶ~」を作りました!

地元の食材を使って自家製を学び、日頃の食卓を豊かにすることを目的に「お家でできる地産地消」を楽しみながら体得していきます。簡単な無料登録で会員になれます。会員さまにはイベントの先行案内に関する情報を「しずくメルマガ」にてお知らせします。生活の中に手作りの味や技を加えてみませんか?入会は「季節誌しずく」ホームページからどうぞ!

新城産満載!「いちご大福教室」

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

2017年2月19日(土)グリーンセンター豊川わいわいホール

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室
 季節誌しずくにもご協力いただいているJAひまわりさまのグリーセンター内「わいわいホール」で講師に今泉さんを招き、自身で育てられている「あずき」を使った「いちご大福」教室を開催していただきました。大福作りの前に「JAひまわり」さんで販売されている数種類のいちごと教室で使う新城産のいちごの食べ比べをしていただき、いちごの違いを知っていただいてから料理教室スタート!事前にあんこを準備していただいていたので、レンジだけで簡単にいちご大福ができました♪

「漬物本舗 道長さん」のぬか床教室

東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】

2016年8月22日(月)FunFactory(ファンファクトリー)

東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】
 豊川市萩町の「漬物本舗 道長さん」を講師にお招きし、ぬか床教室を開催いたしました。挑戦したことはあるけどなんだか失敗してしまう…発酵ブームで初めてみたいけど、どうしたらいいのか…と難しいイメージのぬか床。そんなお悩みを解決しよう!と、道長さんに野菜の準備から漬け方、その後の管理の仕方を教わりました。道長さんのぬか床「漬け太郎」を使って、旬の野菜の下準備をし、実際に漬けてみました。教室後は、道長さんのオススメの野菜を漬けてきてくださったぬか漬けと、道長さんのある旧音羽町で育てられた音羽米をおにぎりにして、試食会を開きいろいろな野菜のぬか漬けを味わいました。食卓にいつもあると、ほっとする日本の味ですね。

地産地消フェア「アロエベラ教室」

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

2016年7月9日(土)豊橋の居酒屋さん!かぐやひめ

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室
 豊橋市草間町「かぐやひめ」さまと豊橋市西小鷹野「うきてん」さまにて「地産地消メニューフェア」と題し2016年7月の1ヶ月間開催しました。その間に、かぐやひめの女将さんご協力のもと、野菜ソムリエプロでもあるアイスタイルデザインスタッフの村井が講師として「アロエベラ」教室を開催させていただきました。事前に、かぐやひめの大橋さんとともにアロエベラ生産者の生竹さんを訪問し、アロエベラについていろいろとお聞きしながらヒントをもらい、新たなメニュー開発共に教室を進めさせていただきました。

中日新聞に同時開催した「地産地消メニューフェア」を紹介していただきました。

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

 「青大豆」を使った「ざる豆腐」教室

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

2016年4月17日(日)新城青年の家

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室
 新城青年の家で、講師に今泉さんを招き、自身で育てられている「青大豆」を使った「ざる豆腐」教室を開催していただきました。昨晩から事前に、人数分の大豆を水に浸し持参して頂いたり、たけのこ、近くでとったという「わらび」を最後におすそ分けして下さるなど、終始、次子さんの気遣いに脱帽&大満足な教室になりました。もちろんざる豆腐も大満足の出来栄えでした。

 「米粉」を使った楽しい料理教室

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室

2016年2月21日(日)新城青年の家

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室
 新城青年の家で、講師の関原さんを招き、自身で作られている新城産ミネアサヒの「米粉」使った料理を教えていただきました。
微細米粉・粗挽き玄米粉を2種類使い、料理によっての使い分け方と、2種類を同時に使った料理法など、生産者さんならではのノウハウを用いた「微細米粉のだんご」「フライ」「天ぷら」「唐揚げ」など、調理のコツを伝授いただきました。
最後はみんなで試食です。揚げ物の香ばしい香りいっぱいの中、みんなでいただきます~!

韓国風「おこわもち」教室

東三河の地産地消|季節誌しずく【アイスタイルデザイン】

2015年10月18日(日) JAひまわり わい!わい!ホール

季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室季節誌しずく自家製滴楽部【アイスタイルデザイン】料理教室
わい!わい!マルシェ「子育てママフェス」内で開催、講師の清原さんのお孫さんも喜ぶ、「韓国風おこわもち」を教えていただきました。
豊川産もち米、市販の甘納豆と栗を使い、手軽で美味しく、子供さんでも作れるオススメのおやつ。作り方はいたってシンプル、材料を混ぜ合わせ炊くだけ。炊きあがったおこわをバットに敷き詰めて、ごま油で風味づけ、上から体重をかけて、一生懸命伸ばして、はい!できあがり!
切り分けて、いただきます~!