画像加工と補正

豊橋市・豊川市・新城市・蒲郡市・田原市・岡崎市/画像加工と補正【アイスタイルデザイン】

画像補正をしない写真はありません!

多くのデザイナーさんは画像データの一般的な形式である「RGB」から「CMYK」への変換をして終わると聞きます。アイスタイルデザインでは写真の補正を必ず行います。なぜならば基本的にRGBからCMYKに変換にすることは画像劣化を招くからです。というのもRGBの方が再現力が高く、CMYKに変換したことで再現力が落ちるからです。そこに気づかずに変換したままで印刷すると「メリハリの弱い」のっぺりした画像になる場合が多いからです。コントラストをしっかりさせることで印刷した場合の写真のクオリティは大きく変わることになります。チラシなどはもちろん雑誌広告・新聞広告を多く経験してきたことで身につけられた技術です。

画像補正と加工でここまで変わる!

文章で書いてもなかなか伝わりにくいので見本をご用意しました。豊橋の方ならご存知のカラオケ店です。たまたまお仕事の関係で補正と加工をしましたのでご紹介します。下記はさんたが早朝に撮影したものです。朝日のせいで少し黄味がかって影のコントラストのキツイ写真になっています。撮影が早い時間なのは営業時間ともなると駐車場に車が停まる可能性があります。建物の撮影はいろいろな制約があるのが普通です。この日は運よく天気が良かったこともあって青空はきれいです。でも絶対によけることのできない電線や照明などできたらない方がいいな~と思うものももちろん写ってしまいます。撮影技術はイマイチなので…(汗)ここからは画像補正と加工技術が必要なります。

豊橋市・豊川市・新城市・蒲郡市・田原市/画像加工と補正【アイスタイルデザイン】

一連の作業を行うと下記のようになります。建物にきつくついた影が柔らかくなって不要だった電線や照明器具はすべて消されています。黄味も減りました。ここまで補正と加工を行う事でようやく印刷された時にきれいに仕上がります。ここまで画像補正と加工をすることは稀ですが、必要に応じてここまで持ってくることもあります。

豊橋市・豊川市・新城市・蒲郡市・田原市/画像加工と補正【アイスタイルデザイン】

ここまで来ると間違え探しになりますが、看板部分だけ着目していただいても変化は歴然かと思います。退色し、朝日を浴びた簡便の表面を各色ではっきりと見えるように、照明器具はもちろん電線の影もなくなっています。

また「P」の文字の下の黄色の電柱も消してあります。これは自己満足の域ですがこれぐらいはできないといけないという意識はずっともっています。

豊橋市・豊川市・新城市・蒲郡市・田原市/画像加工と補正【アイスタイルデザイン】

(特に後ろのフェンスまで違和感なく画像加工してある点は注目していただきたい!箇所です)

必要があれば…

画像補正と加工だけでお引き受けすることはあまりありませんが、必要があればお声がけください。できる限り対応させていただきます。大切な写真を最良の状態までは引き上げさせていただきますよ。

加工や補正をしない画像は基本的に1点もありません。明るくしたり、トリミングしたり、カタチに沿って切り抜いたりと様々な加工もお手伝いします。お気軽にご連絡ください。

→アイスタイルデザインって?

■アイスタイルデザインの制作実績